富山県公式note

富山県公式アカウントです。施策の裏側のストーリーや県職員の思いが伝わる運用ができたらと…

富山県公式note

富山県公式アカウントです。施策の裏側のストーリーや県職員の思いが伝わる運用ができたらと思っています。 良いなと思ったら、ぜひフォロー、スキ、コメントいただけたらとっても嬉しいです!

リンク

マガジン

  • 県の仕事の向こう側

    職員の仕事の裏側や思いについて書いた記事をまとめます。

  • 寿司といえば、富山

    「寿司といえば、富山」ブランディングに関する情報をまとめていきます。

  • 富山県庁って、こんなところ。

    富山県庁の雰囲気や、働く人たちの素顔に迫ります。

最近の記事

  • 固定された記事

富山県公式noteはじめます。

はじめまして。富山県広報・ブランディング推進室です。 このたび、県庁の取組みの背景や担当者の思いを伝える場として、公式noteアカウントを立ち上げることになりました。 まずはじめに、noteアカウントを開設しようと思った背景や、どういうアカウントにしていきたいのか、簡単にご説明したいと思います。 県庁の仕事ってわかりにくい?みなさんは県庁の仕事ってどんなイメージがありますか? 市役所や区役所の場合は、住民票や戸籍、保育所の手続きなど比較的イメージがしやすいですが、県庁っ

    • まちなかの未来をつくる。/富山県庁周辺エリア活性化プロジェクト進行中

      こんにちは。県有財産活用推進課の本間です。 富山県庁のすぐ近く、北東側に大きな敷地があります。ここにはかつてNHK富山放送会館がありました。令和4年のNHK富山放送局の放送会館移転に伴い、県とNHKとの間で土地交換手続き(※)が行われ、現在この旧NHK富山放送会館跡地(NHK跡地)は県が取得し、県有地となっています。 今回は、未来の街の活性化に向けた、このNHK跡地を含む県庁周辺エリアの有効活用に向けた県の取組みについて紹介します。 県有財産活用推進課について県有財産活

      • 【入社エントリ】「寿司といえば、富山」がきっかけで富山県職員に。

        はじめまして。4月から富山県庁に入庁した石村です。春に広報課に配属されてから、早くも夏が訪れようとしています。 まだ2カ月という短い期間ではありますが、富山県庁に入庁してからこれまでを振り返ってみたいと思います。是非ご覧ください。 富山県庁の仕事に関心を持ち始めたきっかけ。 最初に少しだけ、入庁するまでのことをお話しさせてください。元々私が富山県庁の仕事に関心を持ち始めたきっかけは、富山県が進めているブランディング戦略です。 大学では、マーケティングやブランディングに

        • 【お昼ごはん何食べてるの?】富山県職員のランチタイムに突撃!

          こんにちは。富山県広報・ブランディング推進室の新田です。 今回は、富山県職員にランチタイムの過ごし方を聞いてきました。職員のランチの様子を通して、富山県庁の雰囲気をお伝えできればと思います。 富山県職員はランチタイムをどのように過ごしているのでしょうか?ぜひご覧ください! *** 富山県職員のランチ事情。まず、職員のランチ事情について簡単に触れておきます。 周りの様子を見ていると、家からお弁当を持参している職員が比較的多い印象です。県庁の2階にある県庁内食堂もいつも

        • 固定された記事

        富山県公式noteはじめます。

        マガジン

        • 県の仕事の向こう側
          15本
        • 寿司といえば、富山
          12本
        • 富山県庁って、こんなところ。
          7本

        記事

          【海と山】神奈川県の高校生が、富山県のPR動画を作ってくれました!

          こんにちは。広報・ブランディング推進室の新田です。 少し前、県公式YouTubeチャンネルに「海と山」という富山県のPR動画がアップされたのをご存じでしょうか? 瑞々しさとワクワク感を感じる素敵な動画なんですが、実はこの動画、神奈川県の高校生が制作してくれたものなんです。 一体どうして神奈川の高校生が富山のPR動画を制作してくれたんでしょうか…? そこで今回は、動画を制作してくれた神奈川県横浜市にある関東学院六浦高等学校3年の横尾さん、佐藤さん、小栗さんに制作の経緯や

          【海と山】神奈川県の高校生が、富山県のPR動画を作ってくれました!

          【県職員なのに海外勤務?】シンガポール派遣の様子。

          こんにちは。広報・ブランディング推進室です。 県公式noteでは、これまでも何度か県職員のお仕事について紹介してきましたが、今回は海外で活躍している県職員の取組みをご紹介します! そもそも、どうして県職員が海外勤務?と思った方もいらっしゃるかもしれません。 富山県では、高度で広範な専門的知識、技術等を有する職員の養成を推進するため、国、専門機関、海外等へ職員を派遣する研修制度を設けています。 今回は、その研修制度を利用して、クレア((一財)自治体国際化協会)に派遣され、

          【県職員なのに海外勤務?】シンガポール派遣の様子。

          県外に進学・就職する若者を応援する「I'm Your Home.」第2弾、実施中!

          こんにちは。 いつも富山県公式noteをご覧いただき、ありがとうございます。 徐々に春めき、桜の開花が待ち遠しい季節となりました。 出会いや別れ、旅立ちの春。期待や不安など、様々な感情が交差する季節ですね。新たな門出を前に、ドキドキしている方もいらっしゃるかもしれません。 富山県にも、進学や就職で県外へ旅立つ若者がいます。 県では、そんな若者を応援する「I’m Your Home.」プロジェクトを、昨年度から実施しています。 プロジェクトの企画背景全国の多くの自治体

          県外に進学・就職する若者を応援する「I'm Your Home.」第2弾、実施中!

          富山の電気とおいしい水ができるまで!/企業局の仕事を「大調査」

          こんにちは。広報・ブランディング推進室です。 いつも富山県公式noteをご覧いただき、ありがとうございます🌼 突然ですが! 皆さんは、富山県が公営企業を運営していることを知っていますか? 企業局という組織で、発電や水道用水・工業用水の供給を行っているんです。 企業局は、県の一般行政と同じく、“県民の福祉の増進”を目的とした組織ですが、税金ではなく、利用者が支払う料金によって運営されています。 今回は、企業局ではどんな仕事をしているのか、そして私たちが普段使っている電

          富山の電気とおいしい水ができるまで!/企業局の仕事を「大調査」

          富山県が誇る農業のエキスパート/富山県普及指導員調査研究・活動成果発表会開催レポート

          こんにちは。広報・ブランディング推進室です。 いつも富山県公式noteをご覧いただき、ありがとうございます。 早速ですが、皆さんは県職員と聞いてどんな仕事を想像しますか?ひと口に富山県職員といっても、実は20種類以上の職種があり、様々な知識やスキルを持った県職員が働いているんです! 今回はそんな専門職の中から、農業の専門家として富山県の農業を支えている職員の取組みを紹介します。ぜひご覧ください。 農業のエキスパート、普及指導員。普及指導員とは、農家の皆さんの農業技術や経

          富山県が誇る農業のエキスパート/富山県普及指導員調査研究・活動成果発表会開催レポート

          伝統と新しさが交わる台湾で出会った、おすすめ観光スポットをご紹介【後編】

          こんにちは! 富山県公式noteをご覧いただきありがとうございます。 本シリーズでは、航空政策課と台湾観光庁・台湾観光協会が連携して開催した、メディア向け台湾ファムツアーで訪れた観光スポットを前編・後編の2回に分けてご紹介しています。 前回の記事では、台北の人気スポットを中心にご紹介しました。後編となる今回の記事では、大都会台北を抜け出し、台北から少し足を延ばした先でローカルな風情が味わえる注目の観光スポットをご紹介します! ぜひ最後までご覧ください。 ザ・定番。初めて

          伝統と新しさが交わる台湾で出会った、おすすめ観光スポットをご紹介【後編】

          伝統と新しさが交わる台湾で出会った、おすすめ観光スポットをご紹介【前編】

          こんにちは! いつも富山県公式noteをご覧いただきありがとうございます。 今回は、メディア向け台湾ファムツアーに同行した広報課職員が、ツアーで訪れた観光スポットの中から「ここに行けば間違いなし!」のおすすめスポットを前編と後編に分けてご紹介します。 ーー賑やかな街、伝統的な建物、手つかずの自然。 魅力あふれる台湾で今行きたい、ホットなスポットの数々をぜひ最後までご覧ください。 富山から直行便で3時間半というアクセス抜群の観光地である台湾。海外でありながら、日本語が通じ

          伝統と新しさが交わる台湾で出会った、おすすめ観光スポットをご紹介【前編】

          被災地支援で、氷見市役所に行って来ました。

          こんにちは。広報・ブランディング推進室です。 いつも富山県公式noteをご覧いただきありがとうございます。 元日を襲った能登半島地震から間もなく1ヶ月。県内でも多数の住家被害をはじめ、大きな被害が発生しています。被害に遭われた皆様には、心からお見舞いを申し上げます。 全国の自治体職員が被災地へ駆けつけ支援活動を行う中、富山県庁も、消防隊や福祉医療チーム、事務職員の派遣等の人的支援を行っています。 広報・ブランディング推進室からは、1月21日〜27日の1週間、氷見市役所に

          被災地支援で、氷見市役所に行って来ました。

          富山県庁ってどんなところ?/採用1年目の職員に聞いてみた。

          こんにちは。広報・ブランディング推進室です。 今年度も残すところあとわずか。昨年4月に入庁した新規採用職員の皆さんも、少しずつ業務に慣れてきたのではないでしょうか。 そこで今回は令和5年4月採用の職員2名をお招きし、県庁で働く前後でのイメージの変化や普段の仕事で心掛けていることについて聞いてきました。ぜひご覧ください。 ──県職員として働いてみてどうですか? 中嶌: 職場の雰囲気も良いですし、もっとルーティンワークが多いのかなと思っていましたが、意外と毎日色々な変化が

          富山県庁ってどんなところ?/採用1年目の職員に聞いてみた。

          SNSで大人気!?「用水だ!くん」が伝えたいこと。

          富山県には、多くの県民が一度は見たことがある有名な看板があります。 農業用水路沿いに立てられており、子どものイラストに「用水だ!」の一言が印象的なこの看板は、農業用水路への転落事故を防ぐため、昭和60年頃に富山県が独自制作したものです。 デザインは当時の県職員数名が提案し、農業用水路を管理する土地改良区の協力のもと、リニューアルを経ながら農業用水路に設置されており、多くの県民に親しみ深いものとなっています。 そんな県民にお馴染みの看板を参考に製作した着ぐるみ「用水だ!く

          SNSで大人気!?「用水だ!くん」が伝えたいこと。

          富山マラソンにかける熱い想い。/庁内広報BEYONDより

          こんにちは。広報・ブランディング推進室です。 11月5日の日曜日、富山マラソン2023が開催されました。秋晴れの中で1万4千人を超える過去最多のランナーが参加し、当日は大きな盛り上がりを見せていました。 今回は庁内広報「BEYOND(ビヨンド)」から、富山マラソンの運営に携わった富山県職員の取組みを紹介します。 ご自身もランニングが趣味で、採用面接のときから富山マラソンへの熱い思いをアピールしていたという西野さん。どうして「好き」を仕事に活かすことができたのでしょうか。

          富山マラソンにかける熱い想い。/庁内広報BEYONDより

          体力やメンタルヘルスを維持するには?~県庁のくらほりさんシリーズ第3弾~

          こんにちは。広報・ブランディング推進室の新田です。 いつも富山県公式noteをご覧いただきありがとうございます。 これまで2回にわたり、蔵堀副知事(以下、くらほりさん)が職員の相談にアドバイスをする記事を公開してきました。 シリーズ第3弾となる今回の記事では、自分の心や身体とどうやって向き合っていくのか、そんなテーマを中心にアドバイスをいただきました。 長く働いている先輩の言葉には、何だか重みがありますね。ぜひご覧ください。 1.体力やメンタルヘルスを維持するには?く

          体力やメンタルヘルスを維持するには?~県庁のくらほりさんシリーズ第3弾~